まず、カードローンというのは、利用する場合目的はどうでもいいのです。
どの時間帯・どの地域からでも融資限度額内であれば、融資を受けることができる金融商品となってます。
これは、どんな人でも気軽に融資を受けられるという感じのする金融商品なんですが、お金は借りるのです。
金融商品ではあるけれど、金融業者としては収入の安定した公務員・サラリーマンなどへ融資してる場合が多くなります。
しかし、現在では消費者金融系のものを中心として、ひと頃と比べた場合はかなり利用でき易くなってるのです。
というのは、少し前まではフリーター・自営業・アルバイト・パートなどの仕事をしてる人たちは、利用契約が難しい傾向でした。
それが、近頃では安定した収入のあることが証明できるのであれば、返済できる範囲の金額の融資が受けられるようになってます。
中でも自営業者の場合、事業資金などの借入先が増やせるので、嬉しいことでしょう。
そして、アルバイト・パート・契約社員・派遣社員といった人たちでも、利用できるカードローンが登場して来てます。
しかし、正社員などの人たちの融資限度額よりも、少し金額が少なくなるようです。
これは、金額が幾らだとは一概にはいえません。
その人の収入・それまでの利用実績などから、金融業者がそれぞれに判断するからなのです。
定期的な収入があり・返済能力のある人であれば、それへ見合った融資を受けられるということとなります。
それは、あくまでもその人個人の経済状況となるので、利用したい金融業者・インターネットなどですぐに審査結果の解るサイトがありますから、問い合わせたり調べたりしないことには結果が解りません。
さて、カードローンを利用すると、利息というものが発生します。
お金を借りるのだから、至極当たり前だともいえるでしょう。
利息は、サービスを提供する金融業者の利益となるもので、社員の給料・会社の維持管理費として使われるのです。
この利息ですが、少々高めに設定されてます。
それは、利用者から担保を取らないシステムだからです。
そのリスクを軽減するために、他の金融商品と比べれば高いと思える金利が設定されてます。
でもその金利は、金融商品によって決められてるのです。
低い場合で5%前後の設定で、高くても18%程となっていて、各々の金融商品・融資限度額でかなりの違いがあります。
また、欧米の場合だと同種類のカードローンを作る場合であっても、利用する人の信用度・返済能力如何で金利設定が違うのが一般的となるのです。
それが、我が国の場合では金融商品毎で金利設定がなされていて、融資限度額へ応じて一律とされてます。
それに、融資限度額というのは、利用申請した人の信用度・返済能力で決定されるのです。
利息の計算は、1日単位でなされます。
だから、返済期限までお金を支払わないよりも、早目に返済する方が得なのです。
尚、24時間以内に返済すれば金利のつかない業者が多いので、これを巧く利用すると経済的でしょう。

Comments are closed.

Post Navigation